図書設計とは、装丁・装画から印刷・造本までを含むブックデザインのこと

私たちは、ブックデザインに関わるクリエイターのための団体です


お詫び

当協会発行会報誌「図書設計」97号のP.8とP.10に掲載の川上成夫氏と多田和博氏のご逝去の時期に誤りがありました。正しくは川上成夫氏が12月、多田和博氏が2月です。深くお詫びし、ここに訂正申し上げます。

SPA News



 日本図書設計家協会関西支部

 

 「ブックデザインというお仕事」展 本展
 2018年10月9日(火)〜18日(木) 9時〜17時(最終日は15時まで。土・日・祝は休み)
   10月9日(火)17:30~ オープニング・パーティあります。
   主催:一般社団法人日本図書設計家協会
   協賛:平和紙業株式会社

 

 ブックデザイナーやイラストレーターはどんなことを考えて装丁したり、装画を描いているのでしょうか?

 10名の装丁家・装画家が ―受注からラフスケッチ、完成まで― 一冊の本を例にとって、パネルと実物で、

 制作のキモやプロセスを紹介します。

 

  〔進呈〕当展覧会参加者の制作プロセスを紹介した冊子を会場で無料配布します。 併収:追憶 多田和博

      (数に限りがあります。品切れの際はご容赦ください)

 

 【同時展示】「My Favorite Paper」/「装丁家・装画家 豆本事始め」 

 

 【会場】 平和紙業 ペーパーボイス大阪  〒542-0081 大阪市中央区南船場2-3-23  Tel.06-6262-0902

       ●地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」1番出口より徒歩7分

       ●地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」2-B出口より徒歩2分

 


第5回 東京装画賞展

[会 期]5月9日(水)〜13日(日)  10:00〜17:00  (会期中は無休、入場無料)
[授賞式]5月9日(水) 15:00〜17:00

 

会場 日比谷図書文化館1階 特別展示室


[ 同時開催 ]

Hall of Fame(名誉の殿堂)受賞作家展
今回の受賞者、杉浦非水・横尾忠則両氏の貴重な原画や装丁作品を展示いたします。

 

関口信介・川上成夫・多田和博 追悼展

東京装画賞では、このお三方の功績をたたえ、また装丁・装画界へのご尽力に感謝の意を込めて、装丁作品を追悼展示いたします。


昨年11月、厳選なる審査によって選び出された入賞作品36点・入選作品54点。その90点がいよいよ下記日程にて一堂に会しますので、是非ご高覧ください。また授賞式は、どなたでもご参加いただけますので、今後の活躍を期待される作家本人に、是非会いにいらしてください。どうぞよろしくお願いいたします。
東京装画賞実行委員長 山田博之

 

▶︎外部リンク[東京装画賞公式サイト]


関西支部企画展

ブックデザインというお仕事」展
関連展示「本を包むもの ふろしき」もあり〼。
2018年3月12日(月)〜22日(木)9時〜17時
(最終日は15時まで。土・日・祝は休み)

 

 

たくさんの人の、さまざまな仕事を経て、一冊の本は書店に並びます。その過程で装丁家や装画家がどのように本に関わるのか、日頃の仕事を例にとって紹介します。受注からラフスケッチ、印刷・製本指定など、

ブックデザインの舞台裏をどうぞご覧ください。

[関連展示]
「本を包むもの−ふろしき」もあり〼


当協会会員で装丁家の川上成夫氏、当協会関西支部の礎を築かれた装丁家の多田和博氏のお二方が相次いでご逝去されました。お二人は長らく出版業界の第一線で数多くのベストセラー作品を手がけてこられた日本を代表する装丁家でした。ご冥福をお祈り致します。


図書設計会員のプロフィールや連絡先、仕事・作品をご覧頂けます



Activity History

▷Book Scape 35 ニューフェイス'17
 2017年10月4日〜10月15日 11:00-19:00 会場:3331アーツ千代田
第5回東京装画賞の募集がスタートいたしました
2017年6月9日に、一般社団法人として新たな一歩を踏み出しました
第4回 東京装画賞2016展 授賞式・パーティー 2017年3月8日(水)15:00〜17:00
装丁・装画の仕事 Workbook on Books 11発刊
Book Scape[本の風景]34 「本迷宮 ―本を巡る不思議な物語」展
 2016年10月21日〜11月25日 会場:株式会社竹尾
2015年11月、日本図書設計家協会 創立30周年記念講演会&記念パーティー開催!


Site map