日本図書設計家協会

ホーム | 正会員 | 賛助会員 | 歩み | 入会案内 | お問い合わせ   | 会員専用ページ |

図書設計とは、装丁・装画から印刷・造本までを含むブックデザインのこと
私たちは、ブックデザインに関わるクリエイターのための団体です

2016年4月14日、熊本県で発生した地震の被害により亡くなられた方に
謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

日本図書設計家協会

The 30th Anniversary lecture and party

日本図書設計家協会 創立30周年記念講演会&記念パーティー開催!



2015年11月、日本図書設計家協会は創立30周年を迎えることとなりました。

それにさきがけ、9月26日[土]凸版印刷 印刷博物館グーテンベルグルームにて「文体の科学」の著者・山本貴光さんをお迎えして、創立30周年記念講演会「本の未来を考える」を開催しました。

また講演会後には創立30周年記念パーティを印刷博物館小石川テラスで執り行い、日本図書設計家協会創立メンバーの道吉剛さんをはじめ、賛助会員の皆様、客員会員の臼田捷治様、装画賞からホール・オブ・フェイムの安野光雅先生と受賞者、そして審査員の皆様、多数の方々にご来場いただきました。こころから厚く御礼を申しあげます。

当協会は、今後も「本の未来・出版の未来」を見すえ、本にかかわる様々な人々や組織と装丁家、装画家のチカラを結集し、さらに活動を続けてまいります。

line001.jpg

The 3rd Tokyo Book Jacket Illustration Competition 2015

東京装画賞2015の表彰式と受賞パーティーを開催

東京装画賞授賞式w800.jpg秋晴れの元、松濤の「ギャラリーTOM」にて開催された「第3回東京装画賞」授賞式・受賞パーティは、200名を超える来場者で、館内は身動きも取れないほどの大盛況となりました。
ゲスト審査員の井筒啓之さん(TIS理事長)、坂川栄治さん(装丁家)、関口信介さん(文藝春秋デザイン部)、本吉康成さん(イラストレーション誌編集長)、唐亜明さん(福音館書店編集長)や協賛企業各社の皆さまにもお越しいただき、表彰状の授与をしていただきました。
また、今回の「ホール・オブ・フェイム(名誉の殿堂)は、村山知義氏と安野光雅氏が受賞され、お二人作品も同時に展示されました。
ギャラリーTOMは村山知義氏のご子息である村山亜土氏と奥様の治江氏によって作られたギャラリーです。また、安野光雅氏からは、温かいメッセージをいただきました。

◎受賞作品展
2015年9月11日(金)〜20日(日)10:30〜19:00
審査結果については、東京装画賞公式サイトをご覧ください。
http://souga.tokyo/?p=249

玄光社 イラストレーションファイルWEBにて、受賞作品及び山田博之審査委員長のインタビューをご覧いただけます。
http://i.fileweb.jp/news/topics/1817/
http://i.fileweb.jp/news/topics/1819/

ギャラリーTOM
http://www.gallerytom.co.jp/index.html

詳しくはこちらから
LinkIcon東京装画賞2015の公式サイト


The 3rd Tokyo Book Jacket Illustration Competition 2015

東京装画賞2015受賞作品展開催中

IMG_8768s.jpg

第3回目を迎える東京装画賞の受賞作品を展示中

◎受賞作品展
2015年9月11日(金)〜20日(日)10:30〜19:00
審査結果については、東京装画賞公式サイトをご覧ください。
http://souga.tokyo/?p=249

玄光社 イラストレーションファイルWEBにて、受賞作品及び山田博之審査委員長のインタビューをご覧いただけます。
http://i.fileweb.jp/news/topics/1817/
http://i.fileweb.jp/news/topics/1819/

ギャラリーTOM
http://www.gallerytom.co.jp/index.html

詳しくはこちらから
LinkIcon東京装画賞2015の公式サイト

line001.jpg

平和紙業ペーパーボイス東京 巡回展

本に寄り添う −書皮と栞、装画たち

soutei_DM_ura.jpg

『装丁+展』
私たちは本の形をつくる仕事をしています。本文からカバーまでデザインしたり、装画や挿絵を描いたり…
今回の「装丁+展」では、装画家が装画を担当した本とその原画の展示や、オリジナルで制作した「栞」と「書皮」の展示など、本に寄り添うものたちに焦点をあてました。会場では、お気に入りになられたオリジナルの栞・書皮をお持ち帰り頂けます。是非会場に足をお運びいただき、装丁とそれに寄り添うものたちとの「素敵な関係」を感じとっていただければ幸いです。

[東京巡回展にあたって]
本展覧会は2014年にペーパーボイス大阪で開催された展覧会の巡回展となります。前回展示された内容に加え、より多くの装画・装丁本を展示し、日本図書設計家協会会員の普段の仕事をご覧いただける展覧会となっております。

■日時 
2015年6月29日[月]〜7月10日[金]
9:00〜17:00(最終日は16:00まで)[土日休館]

■会場 
平和紙業株式会社東京本店 ペーパーボイス東京
〒104-0033 東京都中央区新川1-22-11
TEL:03-3206-8541
協賛 平和紙業株式会社

[出品者
荒蒔悦子/上野かおる/大河原一樹/神原宏一/北尾 崇/金 斗鉉/倉科明敏/倉本 修/小佐野 咲/小林 元/小林真理/駒井和彬/齋藤州一/齊藤大助/静野あゆみ/白沢 正/タオカミカ/竹田壮一朗/田中和枝/田中ひろみ/中島慶章/ナツコ・ムーン/仁井谷伴子/野々村ゆみ子/浜坂公男/濱崎実幸/浜野史子/廣瀬 剛/ペドロ 山下/安田みつえ 他(50音順)

cropped-cropped-20150115-1.jpg

『東京装画賞2015』
作品募集中!

第3回目を迎える東京装画賞が、下記の3部門3冊をテーマに作品を募集しています。

文芸部門 『あ・うん』向田邦子

SF部門 『タイム・マシン』H.G.ウェルズ

児童書部門 『オズの魔法使い』ライマン・フランク・ボーム

詳しくはこちらから
LinkIcon東京装画賞2015の公式サイト


line001.jpg

soutei_DM_1 2.jpg

関西支部企画展
本に寄り添う─書皮と栞、装画たち

『装丁+展』

私たちは本の形をつくる仕事をしています。本文からカバーまでデザインしたり、装画や挿絵を描いたり…
今回の「装丁+展」では、装画家が装画を担当した本とその原画の展示や、オリジナルで制作した「栞」と「書皮」の展示など、本に寄り添うものたちに焦点をあてました。会場では、お気に入りになられたオリジナルの栞・書皮をお持ち帰り頂けます。是非会場に足をお運びいただき、装丁とそれに寄り添うものたちとの「素敵な関係」を感じとっていただければ幸いです。

■日時 
2014年8月18日[月]〜28日[木]       
9:00-17:00(最終日は14:00まで)[土日休館]

■会場 
平和紙業株式会社大阪本店 ペーパーボイス大阪        
〒542-0081 大阪市中央区南船場2丁目3番23号
TEL:06-6262-0902
協賛 平和紙業株式会社

■オープニングパーティー  8月18日[月]18:00-20:00

[出品者]
荒蒔悦子/井上二三夫 /上野かおる /大河原一樹/岡田ひとみ/神原宏一/北尾 崇/金 斗鉉/倉本 修/小佐野 咲/小林 元/小林真理/齋藤州一/斎藤大介/佐藤博一/静野あゆみ/白沢 正/タオカ ミカ/高野謙二/多田和博/田中和枝/田中ひろみ/中島慶章/ナツコ・ムーン/仁井谷 伴子/野々村ゆみ子/浜坂公男/濱崎実幸/浜野史子/廣瀬 剛/ペドロ 山下/前田俊平/宮澤ナツ/安田みつえ/山影麻奈(50音順)

line001.jpg

WB10_w560.jpg

『WORKBOOK ON BOOKS』シリーズ最新刊
4月4日店頭発売!

装丁・装画の作品集『WORKBOOK ON BOOKS』シリーズ最新刊は、『製本ノチカラ』展との連動企画として東京都製本工業組合に制作協力をいただいた、今までにない造本仕様!
内容においても、あらゆるジャンルの装丁・装画作品が凝縮された装丁家126人、装画家40人の自選作品を掲載。第1回・第2回『東京装画賞』の入選作品の掲載、小冊子『製本ノチカラ 2014』(『製本ノチカラ』展作品図録集)の収録等、総掲載数は約1,400作品にも及ぶ、読み応えのある一冊となっています。

LinkIconGENKOSHA STOREで購入

LinkIconAmazonで購入

●日本図書設計家協会編
●定価:本体 2,700 円+税(4月4日より店頭発売予定)
●総頁数376頁(装丁家サイド264頁/装画家サイド112頁)
●A5判変形・分冊縦開き仕様/上製本〈布クロス〉・コデックス装+小冊子(透明スリーブ函入り)
●小冊子『製本ノチカラ 2014』(『製本ノチカラ』展図録集)48頁

*「製本ノチカラ」展(4月4日17:00まで)会場にて50部限定で先行発売中!
株式会社 竹尾 見本帖本店2F ※入場無料
〒101-0054 千代田区神田錦町3-18-3
Tel. 03-3292-3669 

line001.jpg

14_01_main.jpg


Book Scape[本の風景]33
カヴァーノチカラ 6

「製本ノチカラ」

好評を博してまいりました日本図書設計家協会会員によるオリジナル・ブックカヴァー展が、いままでふみこんだことのなかった領域に挑戦。
竹尾と東京都製本工業組合の協力を得て、新しい製本、魅せる製本を提案いたします。

2014年3月5日(水)〜4月4日(金)
10:00〜19:00 土日祝/休
初日・最終日 17:00まで
3月18日(火)13:00まで

会場
株式会社 竹尾 見本帖本店2F ※入場無料
〒101-0054 千代田区神田錦町3-18-3
Tel. 03-3292-3669 Fax. 03-3292-3668

共催
日本図書設計家協会
東京都製本工業組合
株式会社 竹尾

協力
関西美術印刷株式会社
東京インキ株式会社

[スペシャルトーク]「製本ノチカラ」

3月18日(火)18:30〜20:00

出演 青木英一(株式会社 松岳社)/井上 正(和光堂 株式会社)  
   聞き手 宮後優子(編集者)

*スペシャルトークは盛況のうちに終了いたしました。

line001.jpg

スキャン.jpeg

平野甲賀の仕事 講演会

このたび、装丁家 平野甲賀氏をお招きしての講演会が開催の運びとなりました。

平野氏の独特の描き文字が特徴の、
躍動するデザインと文字はどこから生まれ、
どのように作られたのかをお話しいただきます。

この機会をお見逃しないよう、
みなさんご参加ください。

日時:11月2日(土)15:00開演
15:00〜16:30 平野甲賀氏講演会
16:30〜17:00 平野甲賀×小林真理(当協会副会長)対談
17:30〜19:00 懇親会(会費制、平野氏も参加します)

場所:印刷博物館グーテンベルクルーム
東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル

〈江戸川橋駅〉地下鉄有楽町線(4番出口)より8分
〈飯田橋駅〉JR総武線(東口)、地下鉄有楽町線、地下鉄東西線、地下鉄南北線(B1出口)、
      地下鉄大江戸線より13分
〈後楽園駅〉地下鉄丸ノ内線、地下鉄南北線、(1番出口)より10分

費用:参加無料、ただし印刷博物館の入館料が300円かかります。
   当日は講演会の前に博物館の見学もできます。   

平野 甲賀(ひらの こうが 1938年〜)
ブックデザイナー。
1960年 武蔵野美術学校(現、武蔵野美術大学)在学中に「日宣美」展で特賞受賞
卒業後、高島屋の宣伝部を経てフリーランスに
劇団黒テント、水牛楽団で多数のポスター、舞台美術を手がける
1964年以降 晶文社のロゴマーク、本の装幀に携わる
1984年 講談社出版文化賞・ブックデザイン賞を受賞。木下順二著『本郷』(講談社、1983年)
現在まで半世紀にわたり7,000冊以上の本の装幀を手がける。

line001.jpg

exhibition_2013.jpg

第2回 東京装画賞2013

2013年10月12日[土]ー26[土]
11:00-18:00 日曜・祝日休み
場所:山脇ギャラリー

1200点を超える応募作品の中から厳選なる審査の結果、第2回東京装画賞2013の受賞・入選作品が決まりました。本展では、一般部門、学生部門と今回より新設した会員部門の受賞・入選作品全230点を一堂に展示いたします。

協賛
山脇美術専門学院 日清紡ペーパープロダクツ株式会社 秋山孝ポスター美術館長岡 株式会社竹尾 平和紙業株式会社 ダイニック株式会社 株式会社ヤマト アンタリス・ジャパン株式会社 ターナー色彩株式会社 株式会社渋谷文泉閣

line001.jpg

3620da0341d5ec2e92207f246a44585c.jpg

2013年06月01日(土)
14:00から15:30
場所:
日比谷図書文化館
4階 小ホール (スタジオプラス)
参加費用:
1,000円(千代田区民500円)

36eb36ca2aabcb7568fed0433911faf3.jpg

画家のブックデザイン
装丁と装画の醍醐味

シリーズ書物美の世界<第3回>
「本の中身」だけでなく、中身を纏う装丁・装丁のデザイン・ブックカバー、中身を引き立てる装画など、本を作るに当たり欠かせない様々な部位にスポットを当て、ますます本の世界の奥深さを知ってもらうシリーズ第3弾は、日本の画家の装丁や装画の魅力に迫ります。

「ブックデザイン」という言葉は今でこそ定着していますが、昔は画家が意匠を凝らして装丁したことから始まりました。
当講座では、明治から現代までの著名な日本人画家の美装本を取り上げ、日本が世界に誇る伝統技術である木版印刷や製紙・製本技術も紹介し、造本文化を振り返ります。
電子書籍に圧されて紙の本の居場所がなくなる時代は来るのでしょうか?答えは講座にて。

申し込みはこちらをご覧ください

84a360b88f7b08a9d0c886e255c6000e.jpg
f1f6382014744351b8ba4a62850400fc.jpg

line001.jpg

協会隔年刊行誌である
ワークブック2012年最新版が
装いも新たに出来上がりました!

今号は『装丁・装画の流儀』というタイトルのもと163人の装丁・装画家の充実した作品群を従来のものから一回りも大きくした判形でダイナミックに紹介するとともに3つの特集を盛り込んで本作り最前線をお伝えします
出版社・編集者はもとより
本作りに携わる人
本に興味のある人
必見の一冊です!


A4変形判 256ページ 並製
2400円+税
玄光社より発売です!

line001.jpg

電大-手塚-omote.jpg

会場 東京電機大学
東京千住キャンパス 1号館 電大ギャラリー

〒120-8551 東京都足立区千住旭町5番 TEL.03-5284-5120

日時 2012年10月15日(月)〜11月10日(土)
   9:00am〜7:00pm(日・祝日 休み)
入場無料

オリジナルブックカバーデザイン展

手塚治虫を装丁する展

東京電機大学は、2007年に迎えた学園創立100周年を機に、創立の地である 東京・神田で育んできた教育・研究機能を、2012年、東京都足立区に移転し、 次の100年に向けて新たな歴史をスタートさせました。 今回、新たなる地での文化活動の一環として、東京電機大学のイメージキャラク ターでもある“科学の子”「鉄腕アトム」の原作者、手塚治虫をフィーチャーしたオ リジナル装丁展「手塚治虫を装丁する」を開催いたします。 装丁とは、いわば本のパッケージです。装丁・装画家はその本からイメージを膨 らませ、どのような雰囲気で本を見せるかを考えます。同じ本でもカバーの雰囲 気で読む前に感じる印象は異なり、また、物語の展開とともにページをめくっていくときの紙の感触は、読む楽しみや読後の記憶につながるものです。 日本図書設計家協会の装丁・装画家が手塚マンガ12作品(各9種、計108作 品)に挑んた装丁を展示いたします。斬新な装丁によってさまざまな表情を見せる、 手塚マンガの魅力をお楽しみください。

line001.jpg

kansai.jpg

関西支部企画展

『本の棲む場所』展
装丁家・装画家がつくる小宇宙

装丁家・装画家が自作を用いて各自の〈本棚〉を演出します。
つくる、みせる、届ける、出会う——本の棲む場所には、人と本との色々な「つながり」があるのです。

日時 2012年10月17日[水]―30日[火]
   10:00―22:00/入場無料
場所 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 7階
   Salon de 7
   〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町
   7-20 チャスカ茶屋町
   電話:06-6292-7383
協賛 関西美術印刷株式会社
   東洋インキ株式会社/株式会社 竹尾
同時展示:カレイドを使って表現した、色鮮やかな物語世界のオリジナルカヴァー

[出品者]井上二三夫/いのもと まさひろ/上野かおる/岡田ひとみ/神原宏一/倉本 修/小林 元/佐藤博一/白沢 正/タオカ ミカ/多田和博/田中和枝/仁井谷伴子/野々村ゆみ子/浜坂公男/濱崎実幸/ペドロ山下/前田俊平(50音順)
[カレイド企画のみ出品]小倉正巳/おち まきこ/石橋 富士子/金 斗鉉/静野あゆみ/スカイエマ/竹田壮一朗/タケナカ ユウキ/土屋みづほ/常松靖史/浜野 史子/宮川和夫/宮坂佳枝/宮澤ナツ(50音順)

line001.jpg

0927_4C面a.jpg

Book Scape 【本の風景】 32
装丁家・装画家

「私のこの1冊、この1枚」展

日時 2012年10月24日(水)~11月9日(金)〈土・日・祝…休〉
   10:00am~7:00pm(初日5:00pmまで/スペシャルトーク当日1:00pm まで)
   入場無料
場所 株式会社 竹尾 見本帖本店2F
   〒101ー0054 千代田区神田錦町3ー18ー3
Tel.03ー3292ー3669 Fax.03ー3292ー3668
http://www.takeo.co.jp/

主催 日本図書設計家協会
〒102ー0074 千代田区九段南4ー6ー1ー803
Tel.03ー3261ー4925 Fax.03ー3261ー4926
http://www.tosho-sekkei.gr.jp/

協賛 株式会社 竹尾

スペシャルトーク

~この1枚~ 誕生秘話」

装丁家の意見を取り入れて開発された1枚の紙「NTスフール」。2年間に渡る、誕生から商品化までの道のりとそれに伴う紙の在り方について。
木住野彰悟[グラフィックデザイナー]×装丁家[日本図書設計家協会]×開発スタッフ[日清紡ペーパー プロダクツ]
11月7日(水)6:30pm〜8:00pm
参加ご希望の方は、会社名・お名前・Tel・Faxをご記入の上、10月22日(月)まで。
Fax.03-3292-3668
http://www.takeo.co.jp/seminar.html
よりお申し込みください。なお定員を超えた場合は抽選となります。
結果は、10月29日(月)までにお知らせ致します。

line001.jpg

祝受賞!
「造本コンクール」で本協会員2名が受賞

第46回(2012年)造本装幀コンクールで、本協会員の濱崎実幸さんと井之上聖子さんが受賞されました。
濱崎さんは「明朝活字の美しさ」(創元社)で日本書籍出版協会理事長賞(芸術書部門)を、井之上さんは「詳解 ベトナム語辞典」(大修館書店)で同賞(語学・学参・辞事典・全集・社史・年史・自分史部門)の受賞です。おめでとうございます。

また、ミヤケマイさんの著作「おやすみなさい。 良い夢を。」(講談社/三山桂依名義)は審査員奨励賞を受賞しました。(装幀:有山達也+岩渕恵子・アリヤマデザインストア)こちらもおめでとうございます。

造本装幀コンクール 入賞作品リスト
第46 回「造本装幀コンクール」入賞作品(PDF)

コンクールの入賞作品は、東京国際ブックフェア(2012年7月5日~8日)で、展示されます。

※第45回(2011年)にも濱崎実幸さんは「赤の書」(創元社)で日本印刷産業連合会 会長賞 印刷・製本特別賞を、第43回(2009年)には「母系」(青磁社)で審査委員奨励賞を受賞しています。
また第43回(2009年)には、丸尾靖子さんが「ルウとリンデン 旅とおるすばん」(講談社)で審査委員奨励賞と読書推進運動協議会賞の2賞を受賞、第42回(2008年)にも「源氏物語 全十巻」(講談社文庫)で日本書籍出版協会理事長賞(文庫・新書・双書部門)を受賞しています。

minchokatsuji.jpg
日本書籍出版協会理事長賞
芸術書部門

装丁:濱崎実幸さん

詳解ベトナム語辞典web.jpg
日本書籍出版協会理事長賞
語学・学参・辞事典・全集・
社史・年史・自分史部門

装丁:井之上聖子さん

oyasuminasai.jpg
審査員奨励賞

ミヤケマイさんの著作

line001.jpg

手塚治虫記念館でおこなわれたワークショップ「手塚治虫を装丁しよう!」の様子が宝塚市のYoutubeで紹介されてます。

line001.jpg

baner04.jpg

baner02.jpg

baner03.jpg

b-tas.png

日本図書設計家協会の装丁家・装画家が発信する、新しいタイプのウェブマガジンです

spa-event.jpg

この度の東日本震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と皆様のご健康をお祈り申し上げます。

日本図書設計家協会