ホーム | 正会員 | 賛助会員 | あゆみ | 入会案内 | お問い合わせ | 会員専用ページ |

図書設計とは、装丁・装画から印刷・造本までを含むブックデザインのこと
私たちは、ブックデザインに関わるクリエイターのための団体です

【日本図書設計家協会】の歩み

1981-85設立準備会を20数回開催

1985
11月30日「日本図書設計家協会」設立、会員47名

1986
設立一周年記念シンポジウム「現代における図書設計とは何か」

1987
雑誌「出版ニュース」に「図書設計家のメモランダム」連載開始
竹尾ペーパーショウで会員の作品展示コーナー「本と紙の出逢い」が設置される
奈良・京都で「正倉院展」「京都外大図書館の古書」「日本写真印刷」見学会
シンポジウム「図書設計家にとっての著作権あれこれ」

1988
シンポジウム「紙と造本」
「ブックデザインには著作権がある筈だ」という趣旨の意見書を文化庁に提出

1989
「出版デザイン印税制を考える会」
唐木田明雄氏「消費税Q&A」講習会
文芸美術国民健康保険および疾病障害休業補償制度に加盟
「ミズノ・プリンティング・ミュージアム」見学会
第2回「出版デザイン印税制を考える会」
本年行われた2回の「出版デザイン印税制を考える会」の内容が、いずれも朝日新聞読書欄で報じられる(「本の装丁を印税制に」)

1990
「紙の博物館」見学会
「CTSとは何か?」凸版印刷板橋工場見学会
多川精一氏「FRONTとその時代」講演会
「書評欄の掲載作品に装丁者の名前を!」討論会
日本美術著作権連合理事会へ1990年より定期的に出席

1991
「著作者・出版社複写権集中処理センター」設立総会にオブザーバーとして出席
社団法人日本複写権センターに著作者団体として加盟
西武百貨店の池袋コミュニティ・カレッジ「日本図書設計家協会会員による図書設計セミナー」に講師を派遣

1992
西武百貨店の池袋コミュニティ・カレッジ「日本図書設計家協会会員による図書設計セミナー[第II期]」に講師を派遣
公開パネルディスカッション「本とバーコードは共存できるか」
日本複写権センターへの複写権委託契約書とりまとめ
二水会による「箔押し」勉強会
書籍のバーコード表示に関する「意見書」を出版各社、関連団体、報道機関に送付

1993
協会編集の『現代日本のブックデザインvol.2』(講談社)刊行
第1回「図書設計展」(乃木坂アートホール)
美術著作権連合代表として日本複写権センターの理事に協会員が就任
「もう知らないでは済まされない、ここまできた著作権」勉強会

1994
特種製紙「原弘コレクション」見学会
Book Scape 1「[紙の膚、本の顔]展」
Book Scape 2「[表紙のイラストたち]展」

1995
Book Scape 3「[装丁家過去と現在]展」
社団法人日本著作権協議会主催の「出版デザインにおける著作権と周辺の問題について」に講師を派遣
日本美術著作権機構設立総会に出席
Book Scape 4「[現代が見える装丁]展」
渋谷文泉閣創立35周年記念「装丁技術セミナー講演会」に出席
鈴木一誌氏「『知恵蔵』の紙面デザインをめぐる抗争について」説明会
「WOOKBOOK ON BOOKS ブックデザイナー97人[人と仕事]」(玄光社)刊行
Book Scape 5「[見出しは踊る]展」
紀田順一郎氏「[本のかたち]はどう変わってきたか?」講演会

1996
常設事務局開設
Book Scape 6「[カバーを外せ!]展」(ダイニック・岩波書店一ツ橋ビル)
Book Scape 7「[平成絵師群像]展」
Book Scape 8「[西の創造者たち]展」(心斎橋ソニーサロン)

1997
Book Scape 9「銀座光芒[緻密な文字の風よ吹け]装丁展」
「装丁印税制」について社団法人日本書籍出版協会と交渉
Book Scape World 1「現代アメリカのブックデザイン展」(竹尾青山見本帖)
「WORKBOOK ON BOOKS 2 装丁家103人の仕事」(玄光社)刊行

1998
Book Scape 10「寄り合うイラストレーション展 『恋すれど……』この地球は」
Book Scape 11「群像による日本の群像装丁展」
京からかみ「唐長」見学会&関西会員との懇親会
Book Scape World 2「現代韓国のブックデザイン展」(ショップ竹尾)
簡易契約書「覚え書き」協会版ひな形作成
著作者団体APGに加盟
協会ホームページ開設

1999
Book Scape 12「New Face 1999」
Book Scape 13「Flowers on Books 装幀に見る美しき花・樹・草たち展」
「WORKBOOK ON BOOKS 3 装丁家109人の仕事」(玄光社)刊行

2000
「装丁展6+6」
Book Scape 14「一点」
Book Scape 15「Photographs in Contemporary Book Design」
「江戸のデザイン」勉強会

2001
Book Scape 16「20 to 21」
Book Scape 17「装丁・モノクロームな世界」
「WORKBOOK ON BOOKS 4 装丁の仕事132人」(玄光社)刊行
「WORKBOOK ON BOOKS 4」出版記念として佐野眞一氏「出版の未来」講演会
Book Scape 18「装丁の仕事132人展」 特種製紙三島工場見学、同社美術館「Pam」オープニングに参加
「データ入稿」に関するアンケートを協会内で実施

2002
Book Scape 19「白の装幀展」
Book Scape 20「文字のない装丁展」
協会のシンボルマーク作成
「制作進行覚書」と「[要返却]シール」を全会員に配布
協会法律顧問大川宏氏「あなたは著作権で損してる!」セミナー
「日本図書設計家協会と編集者、賛助法人会員との懇親会」

2003
「日韓出版デザイン・美術を通じた作品交流会」ソウル出版デザインクラブ(SPC)会員有志と共催
「BOOK DESIGN NOW 2003 出版・装丁・紙の今を見つめる」展(特種製紙総合研究所Pam、特種製紙と共催、社団法人日本書籍出版協会・社団法人日本雑誌協会が後援)
「BOOK DESIGN NOW 2003」(六耀社)刊行
「いまさら聞けないデータ入稿講座」
「WORKBOOK ON BOOKS 5 装丁の仕事160人」(玄光社)刊行
ダイニック埼玉工場見学会
Book Scape 21「装丁の仕事160人展」

2004
「装丁ing 154人の装丁スタイル・ピープル&テクニック」(玄光社)刊行
Book Scape 22「ヘヴィー級の装丁展」
「本文用紙は誰が決める」造本研究会
東海パルプ静岡島田工場見学会
「著作権改正要望書」を文化庁に提出
賛助法人会員との懇親会+「オリジナルブックマーク」展(小石川後楽園内涵徳亭)
Book Scape 23「ニューフェイス'04 日本図書設計家協会の新しい顔」

2005
東洋インキ見学会
「いまさら聞けないデータ入稿講座 2」
クリエイターのための税務講座「おしえて税理士さん」
関西支部企画展「装丁空間」(平和ペーパーボイス大阪)
「WORKBOOK ON BOOKS 6 装丁の仕事187人」(玄光社)刊行
Book Scape 24「装丁の仕事187人展」

2006
王子特殊紙富士工場見学会
「いまさら聞けないデータ入稿講座 3」
クリエイターのための税務講座「おしえて税理士さん 2」
「カヴァーノチカラ ブックデザインはどこまで魅了できるか」展(DIC COLOR SQUARE)
研究講座記録冊子「究・Books」刊行

2007
「中央印刷・インラインフォイラー」見学会
「いまさら聞けないデータ入稿講座4」
「小津和紙店」見学会
BOOK SKAPE 25「 本のパレット展」
「WORKBOOK ON BOOKS7 装丁の仕事169人」(玄光社)発行
BOOK SKAPE 26「 装丁の仕事169人展」
SPAスペシャルトーク・セミナー(竹尾見本帖本店)開催
「わたしたちの権利講座1 装丁の著作権」(講師/法律顧問 大川宏弁護士)
会報NO.67からNO.70まで年4回発行。
「装丁買イノススメ」発行
Web版「カヴァーノチカラ」オープン

2009
Book Scape 28[女性装丁家の仕事]展
トーハンSMCセンター見学会
講演会「ベストセラーとブックデザイン」
大成二葉産業・大三製本所見学会
Book Scape 29(カヴァーノチカラ3)[装画の力]展
『WORKBOOK ON BOOKS 8』のカヴァー用紙開発

2010
『WORKBOOK ON BOOKS 8 装丁の仕事174人』(玄光社) 刊行
・大阪・モリサワミュージアム、京都・芸艸堂見学会
・Book Scape 30(カヴァーノチカラ 4)[手治虫を装丁する]展
・創立二五周年記念パーティ開催
・究Books『和装本は誰でもできる?』刊行
・京都市勧業館みやこめっせにて[装画の力] 巡回展

2011
・渋谷・gallery trimにて[手治虫を装丁する]巡回展
・Book Scape 31(カヴァーノチカラ 5)[感じる装丁]展
・東日本大震災義援金を募り日本赤十字社に寄付
・美著連を通して国立国会図書館へ装丁を遺棄せず保存して欲しい旨の所蔵要望書を提出
・[手治虫を装丁する]展現物図録が第45回造本装幀コンクールで日本印刷産業連合会会長賞受賞

2012
・国立国会図書館が装丁を残して保存する「原装コレクション」プロジェクトを立ち上げる
・第一回東京装画賞2012開催
・『WORKBOOK ON BOOKS 9 装丁・装画の流儀』(玄光社) 刊行
・山脇ギャラリーにて[第一回東京装画賞2012]展
・手治虫記念館、東京電機大学、塩尻市・えんぱーくにて[手治虫を装丁する]巡回展
・Book Scape 32「私のこの1冊、この1枚」展
・関西支部企画展「本の棲む場所」展
・田中製本印刷株式会社工場見学会
・書協ほか出版五団体へ電子化に伴う権利保護の要望書を提出
・浪江In福島ライブラリー「きぼう」と南相馬市立中央図書館に書籍寄贈

2013
・第二回東京装画賞2013開催
・日清紡ペーパープロダクツフジ製紙工場見学会
・カタオカデザインワークス見学会
・「画家の装丁」日比谷図書文化館にて講演会
・金羊社見学会
・フォントデザイナー藤田重信氏を囲む勉強会
・板谷成雄氏に学ぶ組版教室
・山脇ギャラリーにて[第二回東京装画賞2013]展
・平野甲賀の仕事 講演会
・京都の経師「大入」見学会
・神戸須川バインダリー見学会
・福島大学避難家族の小学生のためのワークショップ

2014
・Book Scape 33(カヴァーノチカラ 6)「製本ノチカラ」展
・『WORKBOOK ON BOOKS 10 装丁・装画の仕事』(玄光社) 刊行
・海老名市立中央図書館に「製本ノチカラ」巡回展
・関西支部企画展『装丁+展』本に寄り添う—書皮と栞、装画たち

2016年4月14日、熊本県で発生した地震の被害により亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

日本図書設計家協会

この度の東日本震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と皆様のご健康をお祈り申し上げます。

日本図書設計家協会

b-tas.png

日本図書設計家協会の装丁家・装画家が発信する、新しいタイプのウェブマガジンです