>協会HOME >Web版カヴァーノチカラ展 目次
本の内容がパーソナリティだとすれば、カヴァーはその人の顔だろう。とすれば目鼻立ちがひとりひとり違うように、カヴァーも一冊一冊違うのを楽しみたい。
ナイトテーブルに置いた読みかけの本が、妙に気にかかることがある。退屈して途中で投げ出したのに、その顔が、じゃないカヴァーが、思わせぶりに、もっと読んでごらん面白くなるよと人を誘惑するのだ。そんな罪なカヴァーにもときおり出会う。
copyright(C)2006 Shuntaro Tanikawa

日本図書設計家協会 The Society of Publishing Arts